ブロ勉|中学定期テストの点数を上げる勉強法がここにある!

ブログ記事で中学定期テスト対策授業を配信!

定期テスト前日にやるべき4つのこと|当日のことも少し

   

今回は定期テスト前日にやるべきことを4つご紹介します。前日の過ごし方はテストの点数に大きく影響します。やるべきことをやって少しでも点数を伸ばしましょう。

 

やるべきこと1|公式と英単語を完璧に覚える

普段のテスト勉強で、数学や理科の教科書で公式を見ながら問題を解く、英語の教科書で単語を見ながら英作文をやる、なんてことしていませんか?もしそうであれば、公式や英単語は完璧に覚えておきましょう。いくら応用問題ができるようになっても、基礎となる公式や英単語を覚えないままテストを受けたら、基本問題さえ解けません。必ず完璧に覚えてからテストに臨みましょう。

 

やるべきこと2|教科書や問題集を流し読みして最後の確認

教科書や問題集のテスト範囲ページを、パラパラと流し読みしましょう。じっくりと読んだら間に合いませんので、あくまでパラパラと。教科書でいまいち覚えきれていないところや、問題集で解けるか不安な問題は、パラパラ読んでも目にとまるものです。その部分については再度覚えなおし、解きなおしをしてテストに臨みましょう。

 

やるべきこと3|筆箱の中を必ずチェック

意外とバカにできないのが、筆箱の中のチェックです。消しゴムとシャーペンはちゃんと入っていますか?テスト中に落としてもいいように、消しゴムは2個以上、シャーペンは3本以上入れておきましょう。シャーペンの芯が十分残っているかも見逃してはいけません。また、数学や理科のテストで定規やコンパス、分度器を持ってくるように言われているなら、絶対に忘れないように持っていきましょう。

 

やるべきこと4|早いとこ寝ましょう

テスト前日だけあって、不安になると思いますが、徹夜して勉強を続けるのは絶対ダメです。早いとこ寝ましょう。しっかり寝て脳を休ませてあげないと、頭は働いてくれません。それが原因でケアレスミスをしたり、覚えていたはずのことが出てこなくて点数を落としてしまいます。また、人は寝ているときに記憶の整理と定着を行います。「やるべきこと1と2」で覚えたことを、しっかりと記憶に残すためにも、十分な睡眠が必要です。

 

まとめとテスト当日の朝の過ごし方

今回はテスト前日にやるべきこと4つを説明しました。前日は、新しいことにチャレンジするのではなく、公式や英単語を中心に今まで勉強してきたことの最終確認をして、早いうちに寝ることが大切です。

テスト当日の朝も少し勉強の時間があるので、覚えているか不安な公式・英単語をまず第一に確認し、教科書や問題集の不安な部分を時間が許す限り確認しましょう。いつもより早く学校に行って勉強するのも一つの手です。学校に行くと周りが騒がしかったり話しかけられて集中できないという人は、家でやってもいいですが、くれぐれも勉強に集中しすぎて遅刻するなんてことの無いように、アラームをセットして勉強しましょう。

 - 未分類