ブロ勉|中学定期テストの点数を上げる勉強法がここにある!

ブログ記事で中学定期テスト対策授業を配信!

勉強と部活を両立させる方法|「勉強のために、運動部をやめようかな」と思っている人へ

   

部活と勉強の両立はできないのか?

今回は、運動部に所属している人に向けて、部活と勉強の両立についてお話します。運動部の練習はきつくて時間も長い、さらに土日も練習や試合があって勉強なんかやる時間がないと考えている人は多いのではないでしょうか。

部活を続けるべきだ!部活はやめて勉強に集中するべきだ!色々な意見が飛び交っていますが、私の意見は、「部活は続けて、勉強する時間帯を変える」です。部活は続けたまま勉強の時間帯を工夫した方が、ただ部活をやめて勉強の時間を作るよりも成績は上がりやすいです。なぜかというと、部活でたくさん運動することで、皆さんの頭の働きがよくなっているからです。

 

運動は、体だけでなく頭もきたえる

試しに、30分ほど外に出て(今が夜なら、ダメですよ)ウォーキングをした後に勉強をしてみてください。普段よりも集中して勉強できるはずです。記憶力も理解力も上がっていると感じられるでしょう。運動することで頭の働きがよくなることは、医学的にも証明されています。詳しいことは省きますが、人は運動した後しばらくの間、普段よりも頭の回転が速くなります。
また、普段からたくさん運動をしている人は、そうじゃない人に比べて、気分がよく、ストレスが少ないという実験結果も出ています。気分が悪くストレスも感じていると、勉強の効率も悪いですよね。だから、部活をやめようとする前に、部活できたえた頭を最大限に生かせるよう、勉強の時間帯を工夫してみましょう。

 

勉強の時間帯をどう変えればいいか

先ほど、運動した後しばらくの間、普段よりも頭の回転が速くなると説明しました。だから、皆さんも運動後なるべく早く勉強を開始しましょう。一番いいのは、部活後家に帰って着替えたらすぐに勉強を開始することです。いつもよりずっと勉強に集中でき、効率よく暗記や理解ができます。帰ったらすぐに家族と晩御飯を食べる人は、食べた後すぐに勉強を始めましょう。
ご飯も食べてソファーに座ってテレビをつけていったんくつろいでしまうと、一気に勉強のやる気がなくなってだらだら過ごしてしまいます。だらだら過ごした後の寝る前とかに勉強をしようと思っても、すでに部活で運動した効果はうすれ、頭の回転もいつもどおりになってしまいます。

 

まとめ

運動部の練習がキツくて時間が長いために勉強との両立に悩んでいる人に対して記事を書きました。
部活後になるべく早く勉強をするよう心がければ、今までよりもずっと効率的に勉強できます。それでも両立が難しいと思うのであれば、部活をやめることを考えてもいいでしょう。私も、何が何でも部活を続けろとは言いません。
ただし、部活をやめたら、勉強する前に少し息が上がるぐらいの運動をする、ということをぜひ心がけてください。

 - 未分類